ロルフメソッド

ベーシック10

基本のコースです。

10回で1セットとなっており、それぞれに目的が異なります。

1〜3は身体の表層、4〜7は深層、8〜10で統合・まとめとなります。

 

表層のセッション(1−3)

第1セッション  :  自由な呼吸

まずは全体的に制限を減らし、楽に、深く呼吸が出来るようにしていきます。

第2セッション:地面にしっかり足が着く

下腿〜足部中心に、地面に対して水平な足を作っていきます。

第3セッション:身体側面を整え、まっすぐにする

横からみた身体のバランスをとっていきます。身体のブロックをまっすぐにしていきます。

 

深層のセッション(4−7)

第4セッション:足の内側に支えを作る

主に足の内側を扱い,支えを作っていきます。骨盤底など身体の深層への介入が始まります。

第5セッション:腹部をバランスする

4で作った下からのつながりを腹部・胸郭へとつなげていきます。

大腰筋が働くようにしていきます。

第6セッション:骨盤を自由にする

身体の背面(大腿、臀部、背中など)を主に扱います。骨盤と脊柱の動きがより出てきます。

第7セッション:頭を乗せる

 頸部・頭部を主に扱います。

これまで作ってきた下の土台に対して頭が楽に乗るようにしていきます。

 

統合・まとめのセッション(8−10)

第8セッション:下肢〜身体中心のつながりをつける

ここから統合・まとめのセッションです。土台としてのつながりを確かなものにしていきます。

(8と9は入れ替わる可能性があります。)

第9セッション:上肢〜身体中心のつながりをつける

上肢〜身体、胸郭とのつながりを確かなものにし、楽に動けるようにしていきます。

第10セッション:全体をまとめる

全体をまとめていきます。